北海道、札幌で太陽光発電・ソーラーパネルのご相談なら美濃電気へ 

011-398-3501

美濃電気

Q&A

設置する場所は決まってますか?

公共施設からオフィスビル、工場、交通関連施設まで、さまざまな場所に設置できます。太陽光発電システムは、建物の屋根や屋上、壁面、あるいは遊休地など、太陽の光が当たるところなら、基本的にどこでも設置可能です。
また、太陽電池はその規模に関係なく発電効率が一定なので、数ワットから数千キロワットまで、自由に発電規模を選ぶことができます。

設置する時は届け出が必要ですか?

出力規模によって、必要な法手続きが異なります。太陽光発電は発電システムなので、「電気事業法」によって規制されています。必要となる手続きは、電気工作物の種類および設備の出力規模によって異なります。例えば、低圧連系の50kW未満や独立電源システムの50kW未満であれば、一般用電気工作物に該当するので、届け出は不要です。一方、出力規模が50kW以上500kW未満の場合は自家用電気工作物となり、経済産業局に保安規定を届け出る必要があります。さらに、500kW以上1000kW未満の場合には、工事計画の届け出や使用前安全管理審査も必要となります。

太陽光発電を行うには、何が必要なのですか?

システム構成機器としては、光エネルギーで発電を行う太陽電池モジュールと発電した電力をご家庭で使用できる電力に変換するパワーコンディショナ、発電状況を確認するモニタ等が必要です。

パネルの反射は大丈夫ですか?

ほとんど問題ありませんが、反射をさらに抑えた防眩タイプもあります。太陽電池モジュールは特殊ガラスを使用しているので、窓ガラスほど反射しません。反射が問題となることはほとんどありませんが、反射をさらに抑えた「防眩仕様」のモジュールもあります。防眩タイプは、道路の中央分離帯や空港などで利用されています。

設置できない場所はありますか?

以下の場所には設置できません。
・腐食性物質が存在する場所
・振動や衝撃を受けるおそれのある場所
・避雷針及び避雷導線から1.5m以内の場所
この他、太陽光が照射しない場所など、発電効果がえられない場所はお薦めできません。一般的な住宅ではほぼ設置可能ですが、建物の高さには一定の制限があります。販売店等が確認の上、ご相談させて頂く事になります。

曇りや雨のときは発電しないのですか?

太陽光発電は、光エネルギーによって発電します。曇や雨の日でも、空から光が注いでいれば、発電は行われます。但し、晴れの日に比べれば、発電電力は低下します。

寒い地域では、発電量が低いのですか?

太陽電池モジュールは温度が低いほど発電電力が大きくなります。但し、積雪や緯度による太陽高度、日照時間の差等様々な要因が関係しますので、一概に寒い地域と暑い地域の発電量比較は出来ません。

スタッフブログ

Now Loading...

お見積もり

システム規模と設置条件によって変わります。まずは条件を教えてください。

簡単お見積もり依頼

お問い合わせ

太陽光発電や弊社取扱い商品に関することはこちらから

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

011-398-3501
staff blog facebook twitter