北海道、札幌で太陽光発電・ソーラーパネルのご相談なら美濃電気へ 

011-398-3501

美濃電気

太陽光発電について

そもそも太陽光発電って

太陽光発電は太陽光のエネルギーを太陽電池を利用して電力に変換する発電方式のことです。「電池」と聞くと電力を蓄えておくことができる印象がありますが、太陽電池は受けた光をすぐに電力に変換して出力するため、電力を蓄えておくことはできません。 電気を蓄えるには、蓄電池が必要となります。太陽光発電によって発電した電力は、家庭用の電力として使用することもできますし、家庭で使用する以上の電力が発電された場合には、電力会社に売ることもできます。

太陽光発電の特徴

01

音質効果ガスの排出量を削減

太陽光発電は、太陽電池を利用して、日光を直接的に電力に変換します。発電そのものには燃料が不要で、運転中は温室効果ガスを排出しません。原料採鉱・精製から廃棄に至るまでのライフサイクル中の排出量を含めても、非常に少ない排出量で電力を供給することができます 。

01

エネルギー自給率を向上させます

現在の日本ではエネルギー源の大部分を、石油やウランなどの枯渇性のエネルギーの輸入に頼っています。こうしたエネルギーは、温暖化など環境への影響に加え、輸入価格が高騰したり政治的取引の材料にされるなど、将来の利用には不安があります。近年はエネルギー価格の上昇により、日本のエネルギーの輸入額も増える傾向にあります。これに対し、太陽光発電は運転用の燃料を輸入する必要がありません。国内で持続的に得られるエネルギーを利用しますので、エネルギーの自給率を高めます。

01

昼間ピーク時の電力供給に適してします

太陽光発電は、需要の大きい昼間にだけ発電します。原子力発電や大規模な火力発電はその特性上、夜間も発電を続ける必要がありますが、太陽光発電は夜間の余剰電力を増やしません。このため設備容量が増えても設備容量あたりのコストが増えにくく、昼間のピーク需要に対応するのに向いています。

太陽光発電にはこんなメリットが!!

太陽の光は、石油やガスなどと違い枯渇するものではありません。

太陽があるかぎり、誰もがその恵みを享受できます。また、地球に届く太陽光の膨大なエネルギーは1時間で世界が消費する1時間あたりの エネルギー量の約1万倍もあると言われています。

01

自然の太陽の光をエネルギーにしているので
クリーンで枯渇しません。

石油を燃焼させて電機を起こす火力発電のように、発電時にCO2やSOx、NOxなどの有害物質を排出しませんので地球に優しく環境に配慮されたこれからの発電システムです。

01

省エネへの意識が高まることで自然に節電が図れます。

太陽光発電を導入すれば、それだけで電力不足に貢献出来ます。また、カラーモニターなどによってどれくらい電気を使っているかが目に見えて分かるので、家族の節電意識が上がり家計にもやさしいのが太陽光発電です。

01

余った電気は電力会社が規定の料金で
買い取ってもらうことができます。

一般的に電気は使用する量が多ければ多いほど単価が高くなります。太陽光発電(ソーラー発電)システムを設置することで結果的に電気会社から購入する電力量が減り、割高な部分の料金が大きく削減されます。

01

太陽光発電に関する補助金の支給を受けられる

電力会社との契約を時間帯別電灯契約にすることで昼間の売買単価が約20%アップします。この事により売電量が多くなる程お得です。また夜間の単価が約1/4になりこの電力で電気温水器や蓄熱式暖房機等を併用することで光熱費を削減することにも有効です。

01

太陽光発電は災害の備えになるので安心できます

発電するのに燃料や動力を必要としないので、災害などで停電が起きても、太陽光さえあれば電気を使うことが出来ます。発電システム単体では電気を溜めておくことは出来ませんが、蓄電池を使えば夜や雨天でも電気を使うことが出来ます。

スタッフブログ

Now Loading...

お見積もり

システム規模と設置条件によって変わります。まずは条件を教えてください。

簡単お見積もり依頼

お問い合わせ

太陽光発電や弊社取扱い商品に関することはこちらから

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

011-398-3501
staff blog facebook twitter